暖簾について知りたいこと

のれんの形や特徴

のれんの製作を考える

仕上がりまでの日数

店先の空間イメージを大きく演出する、のれん。

既製のものは、簡単に購入できるのが魅力ですが、オーダーをすれば、よりご自分のイメージに合ったものを付けることができます。
その際、オープンや完成に間に合うようにするには、日数が重要です。

オーダー日数

京都でのれんをオーダーするには、どれくれいの期間がかかるのでしょうか?

購入店舗によって、大きく日数は変わりますが、イメージ・デザイン・素材などを制作側とメールや電話などで相談しながら、決めるのが一般的です。

まずはサイズや縫製の指定をします。形も、京都ならではの関西風、関東風、簡易的なオーダーなどがあります。

ご自宅・お店のサイズにぴったり合わせて発注することができます。ご指定のロゴやイラストなども、染め抜き・シルクスクリーン・手書きなどから選べます。

手書きなどを指定すると1ヶ月ほどはかかるようです。
さらに、仕上がりを決める素材、例えば絹・ポリエステル・レーヨン・リネン・コットンなどがあります。素材によって取り扱い方法や用途も、より、お好みに近い形になります。

素材を指定することによって、制作手法が変わってくることもあります。様々な制作スタイルがある、京都のれんなので、納期はその内容によって大きく異なります。

ポリエステル

制作イメージなどの見積依頼→店側の提案や返信→制作期間を経て→発送・到着となりますので、納期としては、2~3週間はみておいた方がいいでしょう。

お店によっては、依頼→制作→特急便で到着など最短で3日というところもあるようです。

 

 

特徴を活かすサイズ一般的目的メリット宣伝広告地域性起源別注オーダー料金の相場納期SITEMAP