暖簾について知りたいこと

のれんの形や特徴

のれんの製作を考える

標準的なサイズ

標準的な暖簾のサイズについてご紹介します。


標準的なサイズとしては、150cm×90cmが一般的です。
しかし最近では、120cm×90cmというものも
多くなってきています。


これは、150cmの場合、暖簾が大きすぎてしまい、肝心の店内を見ることが
出来ないため、集客率が低下してしまうという点に理由によるものです。


やはり、店舗の営業していくうえで、集客率を高めるのは
非常に重要なことです。

お客さんの立場から考えてみても、お店の中がよく見えない店舗には
入りにくいかもしれません。


一方で、お店の中がしっかりと見え、その様子が分かると
店内の雰囲気もわかり、お客さんも入りやすい可能性が高いといえます。


最近では、暖簾の使用用途に合わせて、様々な形状の暖簾を
作ってくださるサービスが増えてきています。

のれんのサイズ
店舗の営業力向上、集客率向上のために
非常に重要な役割を果たすものです。


ブランディングに最も効果的!?
VI(ビジュアル・アイデンティティ)の重要性

VI(ビジュアル・アイデンティティ)とは、コーポレートブランドの
コンセプトや価値を可視化して、ロゴデザインやブランドシンボルを中心とした
ブランドを象徴するのに重要なサブグラフイックや指定書体、ブランドカラー、
サブカラーシステムなどの要素一式のことです。

視覚は人の五感の内の70%以上を占めると言われているため、サービスや商品、
企業などのブランディングにおいて、VI(ビジュアル・アイデンティティ)は
非常に効果的で重要なものとして活用されています。

VI(ビジュアル・アイデンティティ)の役割は、視覚的に訴えることで
消費者の心をつかみ、企業理念や商品の存在価値などを
分かりやすく社会に認知してもらうことです。

そのためには商品やブランド、企業のコンセプト・バリューや理念を
しっかりと理解て分析し、それぞれの魅力や特性を存分に引き出す必要があります。

そしてそれを基に最も適したビジュアルイメージをつくりあげることが重要です。


シンプルだからこそ幅広いのれん

一般的、標準的なものをはじめ、店舗独特の
オリジナルなものを作っていただくことも
可能となっています。


サイズだけでなく、デザインも加工していただくことができます。
設置する場所の寸法を測ることで、オーダーをすることができます。

見積もりの依頼
また、見積もりを依頼することが可能なサービスもございますので、
ご検討してみてはいかがでしょうか。


ぜひ、一般的なものにこだわらず、オリジナルのものを作成していただき、
店舗営業力の向上につなげていただければと思います。

 

 

特徴を活かすサイズ一般的目的メリット宣伝広告地域性起源別注オーダー料金の相場納期SITEMAP